トップ

未経験,webデザイナー

Web会社の種類

Web系の会社は2種類あります。

一つは製作会社、サイト作成の依頼を受けサイトを作成する事・作成したサイトの更新などを担当する。

もう一つは自社サイトの管理、運用の会社、楽天ショップ・ネットショップ系もこちらに当たります。

2つとも勿論技術が入りますが、自分のスキルを磨きたい方、ゆくゆくはディレクター・プロデューサーになりたいと言う方は制作会社をオススメします。

様々なサイトを作成出来るのは制作会社ならではの強みです。代わり技術が物を言うので慣れるまでは大変です。

会社で変わりますが、デザインだけを担当する場合もあれば、デザインやHTMLコーディングなど両方担当する場合もあります。

デザインよりはコーディングがちゃんと出来る方の方が優遇される傾向があります。

会社の強み

製作会社は、仕事の依頼を取る所からサイトのデザイン・コーディング全ての流れがわかります。

ゆくゆくはディレクターになりたい方は、制作会社に入った方がいいです。

デザイナーとディレクターでは、給料が全然違います。

デザイナーを年収300万だとしたら、ディレクターは600万以上は貰えます。

 

自社の方の強みは、制作以外の違う分野でやっている会社が多いのでネット以外の仕事に触れられる可能性があります。

Web制作会社の場合は、仕事がなくなってしまったら潰れてしまいますが、自社会社のサイト運営更新は、違う仕事も絡んでいるので倒産しにくいです。

 

ネットショップの強みは、SEO(検索順位を上げる専門用語)、フォトショップ、イラストレーターを触れる機会が多いことです。一日中写真の切り取り作業もあるみたいです…

会社によるとは思いますが、運搬の手続き、包装などの作業もあります。

会社の規模で作業が変わる

小規模な会社では、お客さんとの打ち合わせから素材を作ってサイトを作る流れの全てを担当するかもしれませんし、大手では、バナーを作るだけと作業が完全に分担されます。

少人数のメリットは、全体の流れが把握でき、自分で1からサイトを作れる技術を得られます。

 

中規模、大規模

大きな会社になってくると、作業が分担が完全に分かれてきます。

デザインを担当する方、HTMLコーディングをする方、ディレクターなど、完全に役割が分担されます。

メリットは、一つの事に集中できる事とスキルの特化する事が出来ます。

まとめ

ちなみに私は中規模の制作会社に入りました。

私はデザインよりHTMLコーディングのが得意だったので、面接時にコーディングが得意ですとアピール出来た為なんとか合格出来ましたが、実際の所プロレベルの現場では、自分のスキルでは全く通用しませんでした。

製作会社では、会社独自のルールが存在します。自分で好きなように組んでいたので、ルールを覚えるのに必死でした。

 

面接の段階では、自分が作ったサイトのソースなどは見られまいケースが多いので、結構適当に名前を決めていたり、CSSの中身をバラバラにしていたのがダメでした。

皆様もコーディングをする際、HTMLの最適化・CSSの中を綺麗に並べるように癖を付けて置くと、会社に入った時に苦労が減ります。

Web系求人サイトランキング

求人サイトに登録して、Webの求人情報はどんなのがあるのか調べてみることをおすすめします!

スマホからでも簡単に登録できるので、Web系に転職を考えている方は登録して損はありません!

多くの求人情報を見ることで、Webのどんな分野の募集があるのか知ることができます!

できれば1つだけの登録でなく、複数登録しましょう!

1位 ジョブセンスリンク

就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!
10 / 10点満点中 )
会員数 100万人 更新
対応エリア 全国 サポート 転職祝い金
就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!会員数も100万人超と増え続けている。Web系の求人も多いので是非登録しましょう!

2位 @type

月間140万人が利用している老舗系転職サイト
9 / 10点満点中 )
会員数 140万人 更新 600件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
IT系、web系、クリエイター系などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!若者に人気があります!