トップ

未経験,webデザイナー

Webデザイナー科 就活

Webデザイナーを目指す方、グラフィックデザイナーなどクリエイター系を目指す方は、ポートフォリオ、自分で作った作品が必須です。

会社に見せられる作品がないと面接などが出来ない場合があります。

クリエイター系を目指す方は、何でもいいので作品を作らないとなんでこの人会社受けるの?やる気あるの?と見られてしまいます。

現在で作れる作品を持っていきましょう!聞いた話では、全くの素人の方が面接に行き面接官に今使える技術で何か作品を作って来てよと言われ、後日エクセルで絵などを書いた作品を持って行くと受かったそうです。

受けた方の能力が低くても、やる気を見せれば合格出来る可能性があります。

技術も大事ですが、全力の作品を見せる事に意味があります。

作品を作ろう

Webデザイナーを目指す方は、サイトを2~3個制作して下さい!

クオリティ自体は低くても構いませんが、作ってないけど働きたいです!と言っても説得力がありません。

私のクラスでは、作れない方は先生がサンプルのサイトを欲しい方に差し上げていました。

作れない方でも、作品を見せることが大事です。

 

3~4ヶ月での授業の内容技術では、Web制作会社での即戦力にはなれません。

即戦力を求めている会社には、恐らく受かりません。即戦力の求人ではなく育ててくれる会社を探さなければなりません。

 

求人で未経験者はダメと書かれていてもWebデザイナー訓練校に通えば、未経験とは言えないので会社に面接などは行きやすいです。

Web業界に就職したい意志があるからそこ訓練校に通っているからです。

思わぬ所にも求人情報がある

求人サイトだけでなく、企業のホームページで募集されている事が多々あります。

Webデザイナー 〇〇(地域名)求人 などと検索すると結構ヒットします。

制作会社だけでなく、自分の趣味・興味がある業種でもWebデザイナーを募集している事があります。

現代社会でホームページがない会社は少ないです。サイトがある以上更新が必要です。大きな会社では、維持更新スタッフとして雇ってもらえる可能性があります。

 

先生方が話していましたが即戦力を求めている会社以外は、やる気があるかどうか・人柄を見て採用を決めています。

会社に入っても勉強して戦力になってくれるのかなど、面接の段階ではそういった所を見られます。

日々進化する業界

Web系やクリエイター系の仕事は、一生が勉強になります。

新しい技術・流行りのデザインめまぐるしく変わる業界です。この業界に入りたい方は、そこの覚悟は必須です。

 

未経験の方は面接などでは、給料や休みの質問は控えた方がいいです。どうしても聞きたい情報ですが、直接聞いてしまうと印象が悪くなる恐れがあります。

聞きたい場合は遠回しで失礼のないように質問しましょう。

 

経験者の方で、実力が即戦力並の実力がある方は待遇などを聞くべきです。

技術が足りない場合はどうしても、会社の不利益が多いです。技術がある程度の所まで習得できるまでは会社で勉強させてもらう気持ちでいた方がいいです。

項目別に紹介しています

Web系求人サイトランキング

求人サイトに登録して、Webの求人情報はどんなのがあるのか調べてみることをおすすめします!

スマホからでも簡単に登録できるので、Web系に転職を考えている方は登録して損はありません!

多くの求人情報を見ることで、Webのどんな分野の募集があるのか知ることができます!

できれば1つだけの登録でなく、複数登録しましょう!

1位 ジョブセンスリンク

就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!
10 / 10点満点中 )
会員数 100万人 更新
対応エリア 全国 サポート 転職祝い金
就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!会員数も100万人超と増え続けている。Web系の求人も多いので是非登録しましょう!

2位 @type

月間140万人が利用している老舗系転職サイト
9 / 10点満点中 )
会員数 140万人 更新 600件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
IT系、web系、クリエイター系などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!若者に人気があります!