トップ

未経験,webデザイナー

webデザイナー科の授業内容

HTML、CSSの勉強

フォトショップ、イラストレーターの操作の仕方、素材作りのデザイン

ドリームウィーバーの使い方

クラスでのコミュニケーション課題、創作

発想力を磨く授業

就職支援、コンサルティング

 

以上の事をメインに授業が進んで行きますが、授業の時間に合間が空いたり、要望が多い場合は違う授業内容も勉強します。

日数・授業時間

webデザイナー訓練校は週4が平均です。平日の一日が休みになりますので休みの日に就活などをします。

 

時間などは学校によって異なりますが、私の所では1限が50分の6限目となります。

休み時間は10分、昼休みは30分です。

朝の9時からだと15時30分には授業が終わります。

 

最初にする事が、先生やクラスの方とのコミュニケーションと就職について考えます。

授業中の就職活動

大体の学校は3~4ヶ月と短くあっという間に時間が過ぎてしまいます。

就職活動を卒業する一ヶ月前と考えたらポートフォリオなどの作品を作る期間は1~2ヶ月しかありません。

 

その為、自分がどの分野に行きたいのかを初めに決める必要があります。

また、ハローワークの求人は、企業が無料で掲載出来るので、中にはしっかりとした求人もありますが、求人を出しているだけの会社もあります。

求人サイトでは、企業が求人サイトに載せる際、掲載する期間によって変わりますが、40~50万ほど支払っています。

お金を支払っている分真剣に人材を探しています。

 

求人は刻一刻と代わりますので、入りたい!と思う会社があった際迷わすに応募しましょう!

 

ゆっくり探す方でも、求人サイトなどに登録した方がいいです。

クリエイティブ系オススメ求人サイト

リクナビNEXT

マイナビエージェント

ジョブセンスリンク

転職サイト・オールエンジニア

エンジャパン

 

こちらの求人サイトには登録した方がいいです。

授業中で入りたい会社などを調べる際に、こういった求人サイトを使う授業もあります。

Webデザイナーの求人だけでなく、クリエイティブ系の求人も多いので参考になります。

 

私は、これらの求人サイトの他にも登録して求人を探していました。

求人サイトの詳しい説明は、違うページで説明しています。

求人は積極的に応募した方がいいです。面接なども場慣れすれば、緊張も少なくなり受け答えに余裕が出てきます。

項目別に紹介しています

Web系求人サイトランキング

求人サイトに登録して、Webの求人情報はどんなのがあるのか調べてみることをおすすめします!

スマホからでも簡単に登録できるので、Web系に転職を考えている方は登録して損はありません!

多くの求人情報を見ることで、Webのどんな分野の募集があるのか知ることができます!

できれば1つだけの登録でなく、複数登録しましょう!

1位 ジョブセンスリンク

就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!
10 / 10点満点中 )
会員数 100万人 更新
対応エリア 全国 サポート 転職祝い金
就職が決まるとお祝い金(最大10万円)がもらえるシステムが最大の特徴!会員数も100万人超と増え続けている。Web系の求人も多いので是非登録しましょう!

2位 @type

月間140万人が利用している老舗系転職サイト
9 / 10点満点中 )
会員数 140万人 更新 600件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
IT系、web系、クリエイター系などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!若者に人気があります!